English (United Kingdom)Japanese(JP)Español(Spanish Formal International)
velvetCrabandGraph

ロブスター、ヨーロッパイチョウガニ、エトリーユ、ウミザリガニ

スコットランドでカニを獲るには許可が必要とされますが、許可を得た漁師は量的制限なく漁獲を行うことができます。

 一日単位の漁獲制限はこの許可を得ていない船舶に対して適用されます。スコットランドのほぼ全域において、ヨーロッパイチョウガニは甲羅の幅が最小140mm以上、エトリーユの場合は最小65mm以上の個体のみ、漁獲が許されています。また、抱卵したヨーロッパイチョウガニを漁獲することは違法であり、カニ個体の一部のみ(例:つめ)の漁獲にも制限があります。

国の立法措置に加えて、1967の年海面漁業(甲殻類)法は調整規則(Regulating Orders)の範囲内でカニを含む一部の甲殻類の漁獲量を地方で管理することを義務付けています。

現在、シェットランド諸島はカニの漁獲について定めた調整規則が適用される唯一の地域となっています。スコットランドでは新しく地域沿岸管理グループが設立されつつあり、それぞれの地域に適した漁獲調整が推奨されるようになります。

漁獲に関する情報はスコットランド漁業保護庁が保有しています。水揚げ量はここ30年ほど大きく増加しており、特にヘブリディーズ諸島、オークニー諸島において際立った伸びを示しています。この著しい増加は主として沖合漁業の発展によるものです。